恋愛遊牧民G
カテゴリ − 傾向 > あまあま
1 - 30 (全101件中)
1 2 3 4 次の30件>>

公園で移動式のカレー屋台を営む青年と、その屋台の常連となった辛いものが苦手な女子高生の年の差恋物語。イチゴのように甘いのに、どこか近づききれない二人の関係の行方は?全12話完結しました。

[作者:紗月 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Crown Tale ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
ふと気がついた時、そこは空だった。何が起こったのかわからないまま、「アーク・ザラ」という世界に落下した少女。古の賢者の言葉に予言された存在『黒の女神』だと告げられるが、それは『国に厄災を運びし者』とされていた。少女の存在が歯車の1つとなり、止まることなく時は巡る。ーーー現実は厳しい、それでも世界は優しい。

[作者:森崎緩 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Tiny garden ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
演劇部専属作家の長嶺映子。彼女の夢は、後輩の氷見に世界最高の台詞を捧げることだった。声のいい生意気な後輩と、夢想家な先輩のラブコメディ。

ミモザケーキの作り方 [作者:緒河更紗 様]
ミモザケーキの作り方
[同窓] 更新(21/07/19 更新)
[ マイリンク登録数:1 user]
はじめて食べたそのお菓子は、とっても幸せな気持ちにしてくれた。 天然ボケの女の子と、優等生の委員長。甘いミモザケーキに隠された秘密( 番外編「二人のジンクスの作り方」UP)

クリスマスイブの日、由宇は、元彼の睦と、付き合っていた頃にやってきた遊園地にやってきていた。 3年経って、ようやく二人が気づいたこと。


魔女の呪いで蛙に変えられた麗しの王子アルフィリオン。 人間に戻れたのに、なぜか蛙な魔法使いのラブファンタジィ。童話からはじまって復讐劇へと二転三転する、恋愛シリーズです。1/2、続編『アルフィリオンと三人の姫君』第11話を更新しました。「知っていますか? わたしは蛙の自分が大嫌いなんです」

お兄さんの彼みーくんと、ちょっとだけ風変わりな年下の彼女篤子ちゃん。二人の出会いから、恋に進むまでのあれこれ、それから…。すんなりいかない年の差カップル二人の、おかしくて、でもやっぱり甘い恋の物語です。完結しました。

容姿端麗で女子社員に人気の新入社員、北折君。そんな彼になぜか気に入られてしまったいち女子社員、深海歌菜のお話。

[作者:森崎緩 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Tiny garden ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
彼の名前は椎葉八尋、彼女の名前は辻ななせ。同期入社のふたりは互いにライバル意識を抱き、たびたび衝突する険悪な仲だった。――あの夜までは。

言葉にはしないけど。 [作者:純 様]
言葉にはしないけど。
[同窓] 完結 (21/07/08 更新)
[ マイリンク登録数:2 user]
[作者: 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ cresc. ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
くうと私は学生結婚だった。結婚してもうすぐ7年。だけど、私がくうを好きな気持ちは少しも変わらない。穏やかに続いてきた時間。これからも、ずっと続いていくんだと、思っていた。*本編完結済み*別視点更新中

好きな人はいる? そう言われてから由香はクラスメイトの和樹のことが気になる。ちゃんと話してからたったの一週間。想いを伝えるには十分な時間だと思ったのに、現実はそう甘くなかった。

めでたく「私立 桜花爛漫(おうからんまん)学園」に入学した裕美。親友になった真紀に連れられて吹奏楽部に『見学』しに行くが、そこで出会った先輩に一目ぼれ。つい「入部します」と言ってしまう。 本編完結、続編連載中。2月8日「迷子6」をUP。

[作者:つき 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ PLANETICA ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
顔はいいが間が悪い秋山尚希は、入社式で秋山をじっと見つめる新入社員砂原紗良と出会う。懐くかと思えば懐かない、懐かないかと思えばそうでもない、紗良に振り回される日々の秋山だが、果たして紗良の視線の意味に気づくことができるのか?二十代でも青春しちゃっているふたりのラブコメディー。

[作者:つき 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ PLANETICA ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
お願い!お天道さま!どうかあたしに勇気をください! 友達だと思っていた蒼井が転勤すると知り、彼への気持ちを初めて自覚した気象予報士のみゆきだが、それを伝える勇気はない。 日本列島に台風が接近しているさなか、明日晴れなら告白しようとみゆきは有り得ない予報をしてしまうが――そもそもあたし、告白したいの?したくないの? どこか憎めない能天気女子のちょっと不思議なお天気狂詩曲!

承諾するなんて思わなかった。うちの娘をもらってくれないか― 父の申し出から始まったお見合いじみた結婚話。躰が弱くいつも臆している優歌と 冷たいほど素っ気なく接する匠。そんなわたしたちが結婚?


冬の雨の中、行き倒れていたベルを救ったのは陰のある美青年・レメク。一族の掟により旦那と定めるも、相手は王都でも著名な侯爵閣下。負けない・退かない・諦めないの三拍子で、ベル(8歳)の猛攻が始まった! 孤児の少女が繰り広げる異世界恋愛ファンタジー。現在集中更新中v

[作者:麻国 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ 聖者の行進 ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
見習いネイリストの和琴が家に帰ると、壁から白い左手が生えていた。しにたがりのネイリストと左手の、ひきこもりラブストーリー。

[作者:fuu 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ やさしい風 ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
年齢よりも年上に見られてばかりの葉奈は、それが悩みの種。 小さくて愛らしい友達の綾乃は、大人びた葉奈を羨ましがるけれど… 学校帰り、綾乃に連れられてやって来た公園の駐車場。そこにいたのは…

「望まれない愛とは、悲しいものよ。届かない愛は、とても虚しいの」母はそう言って、静かに逝った。わたしが四歳の時だった――。四神将と言う神の使いを操る能力を持って生まれた凛架は、鎖の姫と呼ばれ、世間とは隔離されて育った。その力に脅えるように接する周りの人間に囲まれて育ち、十六歳になったその日、砂霧と言うひとりの存在が、凛架のすべてを新しい世界へと導いてくれた――。

彼女を思うと、大切にしたいとか優しくしなきゃとか思うけど、丁度今みたいな気持ちを、どうしようもない愛しさを感じた時、僕は自分自身を失ってしまう。彼女の嘘がなかったら、僕らはいつまでも変わらなかったかもしれない。


若紫な君 [作者:椎崎悠離 様]
若紫な君
[同窓] 完結 (21/06/09 更新)
[ マイリンク登録数:1 user]
社会人×中学生 関西弁 一話完結型短編連作「あの人が、うちが旦那になって欲しい思うてる人です」そんな言葉を口にして自分をまっすぐ見つめる少女の視線に、一瞬呼吸を忘れた。大人の彼に恋する少女と、そんな彼女に惹かれる青年のお話です。

[作者:森崎緩 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Tiny garden ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
冷淡で仕事に厳しい若社長に、ある日、秘書は訴えた。「今日は私の誕生日なんです。一日くらい、優しくしてください!」呉服屋の社長と社長秘書のラブコメディ。

GRAYHEATHIA [作者:瀬川月菜 様]
GRAYHEATHIA
[同窓] 完結 読者推薦 (21/06/07 更新)
[ マイリンク登録数:1 user]
「私を売ったの、パパ!?」都市に住むヒト族の大学生アマーリエは市長の娘という立場から政略結婚を命じられる。「……無理強いはせぬ。何も求めてはおらぬ」夫となった長寿種族リリスの長キヨツグがそう告げ、異郷での結婚生活が始まった。恋を知らない少女と異種族の長の、最初で最後の真実の恋の物語。

名門校に通う舞は努力家だけどビン底眼鏡の全然冴えない女の子。でも学年一の天才でイケメン男子の隣の席になった途端、人生が変わり始めた…!?ほのぼの学園ラブコメ。学園祭準備期間中、二人のクラスに美人教育実習生がやって来て…「学園祭に恋して」編10話完結。 ★底上げ更新

出会いは三年前。別れは二年半前。そして……再会したのは数ヶ月前。あのころとは全然違う、あのころと変わらず天然タラシな先輩に、私は翻弄されるばかり。明るく元気で人気者の佐伯先輩と、いつも冷静沈着でありたい私の、攻防戦というかなれそめというか、なお話。

ひと時でぐっとくるピュアな瞬間を描いた短編集。ほのぼの、キュート、涙ほろり、あまあま、高校生、OL、夫婦といろんな風味

お嬢さま育ちの姫良は彼女のいる紘斗に一方的に付き纏う。出会うべくして出会ったエリートと大学生の恋絆。本当の出会いを姫良は知らない。時間変則ハピエン読切連作2014全20話完結

1 2 3 4 次の30件>>
カテゴリ − 傾向 > あまあま
CC-SEARCH VT.2.12