恋愛遊牧民G
カテゴリ − キャラ特徴 > 社長
1 - 10 (全10件中)

[作者:Jules 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Four Seasons ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
貴方が私を許すこと 私が貴方を許すこと―― それが出来た時、この愛は本物になる。 英国人男性と日本人女性のあいだで繰り広げられる、愛憎の物語。父が負債を抱えた会社を残して亡くなり、途方に暮れていたあかねの前に現れたのは、魅惑的な英国人ケネスだった。彼はあかねの会社に融資を申し出るが・・・中編全10話完結済み。番外編あり。

冷徹な若き社長・城西と、有能な秘書のかおり。ふたりの間には、仕事以外の何のつながりもないはずだった。 ハッピーエンドですが、後日談の「ムスクの香りの女」は、かすかなほろ苦さがありますので、ご注意を。

【PG12】ある有名指揮者の死をきっかけに、歯車が狂い始める。天涯孤独となった孫娘・芹沢華音は、残された交響楽団の運命を、『芹沢』の名をもって背負っていくことになる。そして、幼いころから兄のように慕っていた一番弟子の青年と、突然ウィーンからやってきた横柄で不遜な二番弟子。彼らが憎しみあう本当の理由――それは、指揮者が十五年もの間、ずっと隠し続けてきた『芹沢家の秘密』にあった。

閉店間際のオフィス街の小さな花屋を訪れた、自称「一応えらい人。長所は仕事熱心なところ、短所は忘れっぽいところ。」という社長(30代男)と、「大丈夫です。薔薇、見つかります。ついてきて下さい。」そう言って走り出した店員(20代女)の物語。(リンクurl変更のため更新)

[作者:森崎緩 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Tiny garden ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
冷淡で仕事に厳しい若社長に、ある日、秘書は訴えた。「今日は私の誕生日なんです。一日くらい、優しくしてください!」呉服屋の社長と社長秘書のラブコメディ。


彼は営業部から来た自称、有能営業マン。今日は彼に出会って1年目。この1年思い出せば、約束もせずにどこにでも一緒に出かけた。正直彼が食事に誘ってくれるのは嬉しいけれど、期待しちゃいけないっていう淋しい気持ちに駆られる。だってあたしは、できればこの先もずっと、この人の瞳に映っていたいと思うから。でも、彼の真意がよく判らないから私は彼に何も聞かなかった、そう何も。連絡先を聞くことも無かったって訳。

高津絵麻はどこにでもいる普通の女子高校生。ゆくゆくは国立大学に進学して公務員になって堅実な生活を送ることが夢! と、日々地道に努力を続けている。しかしそんな彼女の願いとは裏腹に、現実は世界的大企業の御曹司と香港マフィアの跡継ぎ、二人の幼馴染の学校内限定の護衛をする毎日…。関わりたくないはずなのに、律儀な性格のおかげで自ら苦労を背負ってしまう主人公に、果たして穏やかな生活は訪れるのか!?

大学生の葵生は、食事つきという条件に惹かれて飲食店の事務のバイトを始める。ワンルームの事務所で社長と二人きりだけど社長はとてもいい人で、仕事も簡単だし、シフトの融通もきいて、とても条件のいいバイトだったんだけど……仕事に慣れ始めた頃に社長が病気で倒れてしまった!? 代理で来たのは社長の息子・翔真。イケメンだけど、仕事のことになると厳しくて、性格も悪くて――葵生のバイト生活はどうなっちゃうの!?

「結婚しようと思っている」 美夜の野心あふれる恋人が結婚相手に選んだのは、彼より一回りも下の社長令嬢だった。 挙げ句、愛人となるようほのめかされ、美夜は亮司に別れを告げた。

カテゴリ − キャラ特徴 > 社長
CC-SEARCH VT.2.12