恋愛遊牧民G
カテゴリ − 人物 > 30代
1 - 15 (全70件中)
1 2 3 4 5 次の15件>>

魔女の台所 [作者:森野音子 様]
[同窓] 完結 更新(18/12/17 更新)
[アクセス数 現在:3 / 月計:4]
[作者:森野音子 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ 林檎園 ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
魔術師が集まる小さな町に住む、呑気な師匠と快活な弟子。美しく澄んだ景色の中で、また今日も待っている……素知らぬふりをして。 後日談「テーブルに白い香り」全四話あり。

大きな、温かい手 [作者:オムラ 様]
[同窓] 完結 更新(18/12/13 更新)
[アクセス数 現在:14 / 月計:17]
ごくごく普通の社会人だったはずが、いきなり異世界の森の中に。そこで出会ったのは、熊さんみたいに大きな男の人だった。熊さんに保護されながら、勉強して、帰る方法を探そうとするが……

木苺はわたしと犬のもの [作者:冬木洋子 様]
[同窓] 完結 書籍化原作 更新(18/12/07 更新)
[アクセス数 現在:9 / 月計:15]
三十二歳の泣き虫司書子さんと探偵じゃない『タンテイ』さん、ご近所以上恋人未満の二人の小さな小さな事件簿に、四季折々のお茶菓子と、ほんわか甘い恋を添えて――。※2017.11.20マイナビ出版ファン文庫様より『司書子さんとタンテイさん 〜木苺はわたしと犬のもの〜』のタイトルで全面改稿の上書籍化されました。

里菜と竜兄ちゃん [作者:冬木洋子 様]
[同窓] 完結 更新(18/12/07 更新)
[アクセス数 現在:6 / 月計:11]
年齢差5歳、身長差約40cm、ただいま婚約中。変人男とピンボケ娘、ちょっとヘンな二人の、とっても平凡な幸せ。 2007.5.3、シリーズ完結編『さよなら、つっかい棒』UP。結婚式目前、一足早い二人のハッピーエンド。 2016.7.28、新婚生活編『おまけ小話』最終話『私がおばあさんになっても』UP。

遠くの光に踵を上げて [作者:瑞原唯子 様]
[同窓] 完結 更新(18/12/06 更新)
[アクセス数 現在:4 / 月計:7 / マイリンク登録数:1 user]
[作者:瑞原唯子 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ SKY BLUE ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
【本編全94話・完結】他人に関心がなかった18歳の少年と、一族から「呪われた子」と蔑まれてきた10歳の少女の、出会いから始まる物語。

狼教授と迷える子羊 [作者:Lis Sucre 様]
[同窓] 完結 (18/12/04 更新)
[アクセス数 現在:2 / 月計:14 / マイリンク登録数:1 user]
村人を襲う恐ろしい狼男が住むという森には、シルクハットを被り、森の動物たちから『教授』と呼ばれる風変わりな紳士が暮らしている。ある日、教授は森に迷い込んできた恐がりなお嬢様と出会い――。「ああ、恐がらなくても大丈夫。僕は人肉には興味がないんだ。野菜やキノコしか食べないからね」ちょっぴり切ないラブ・ファンタジー。

むかつくけれど [作者:柳瀬七海 様]
[同窓] (18/12/03 更新)
[アクセス数 現在:5 / 月計:19]
このまま仕事に生きるものいいよな、そうは思うけれど姉貴の子供と一緒にいるとそれはそれで羨ましくもあり。三十路女一生懸命やってるつもりだ。そんな私に降りかかった災難?!

竜の残像 [作者:ゆりかごめ 様]
[同窓] 完結 (18/12/03 更新)
[アクセス数 現在:3 / 月計:9]
いずれ別れる。だからせめて、その残像が鮮やかであるように。――幼い竜人の少女と元傭兵の、短い10年間。全6話・完結済み。

きらきらの雪、さらさらの時 [作者:きくこ 様]
[同窓] 完結 (18/11/17 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:4]
ミステリー作家の僕、紅茶のカフェを営む彼女。惹かれ合いながら、どこか距離を置いてしまう二人の恋が、静かに動き始めて。優しい時間が流れる今に、忘れていた過去が不意に顔を出す…。完結しました。

不機嫌なお見合い [作者:マチ 様]
[同窓] 完結 (18/11/15 更新)
[アクセス数 現在:2 / 月計:11]
[作者:マチ 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Flowe Ring ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
私が短大を卒業してからの日課は庭で紅茶を飲むこと。家事手伝いの身分はお父様が決めたこと。そしてもう一つ、お見合いもお父様が決めたこと。お見合いの日、やってきた男性は不機嫌な顔をしていた。5/24続編全1話更新しました。

たとえば、君に [作者:羽月ゆう 様]
[同窓] 完結 (18/10/31 更新)
[アクセス数 現在:2 / 月計:3 / マイリンク登録数:2 user]
脚本家の千尋は、毎日をなんとなく過ごしていた。隙間のある日常。幸せを見つけられない自分。そんなときに新人タレント和紀と出会う。彼に惹かれながらも、不倫を重ねている悦の存在が少しづつ大きくなっていくことに戸惑い始める。(07/07/07:番外編更新:完結)

三人のシンデレラ [作者:ぼうえんでぃる 様]
[同窓] 完結 (18/10/29 更新)
[アクセス数 現在:2 / 月計:4]
この物語は、世界に散らばったシンデレラストーリーの内、もっと有名な三つのお話を一つにまとめたものです。※あらすじ:伝説に名高い、あのガラスの靴のお話から20年経ったある日のこと。街を訪れた観光客は、一人の女性の口から、シンデレラの話に隠されたもう一つの物語を聞かされることになった。なぜ、シンデレラは選ばれたのか? シンデレラを助けた魔法使いとは誰だったのか? いま千年にわたる恋物語がひも解かれる!

空蝉-utusemi- [作者:吉野圭 様]
[同窓] 完結 (18/10/29 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:2]
妻の白い頬に笑窪が刻まれる。その窪みを見るのが、十年来、修一の幸福だ。…周りは変わっても二人の愛情に変化はなかった。結婚十年、罪を抱えながら生きる二人の日常。

いちばん大切なもの [作者:ページのP 様]
[同窓] 完結 (18/10/21 更新)
[アクセス数 現在:4 / 月計:6]
閉店間際のオフィス街の小さな花屋を訪れた、自称「一応えらい人。長所は仕事熱心なところ、短所は忘れっぽいところ。」という社長(30代男)と、「大丈夫です。薔薇、見つかります。ついてきて下さい。」そう言って走り出した店員(20代女)の物語。本編+続編「いちばんの贈り物」で約17000字(読了時間34分)

遅咲きの恋 [作者:弥月未知夜 様]
[同窓] レビュ表示作品 完結 (18/10/17 更新)
[アクセス数 現在:3 / 月計:10 / マイリンク登録数:2 user]
一時期は一緒にいて心地いい人がいたけれど。今は、もういない。――経理部のお局こと畑本由希子は美人でもなく色気もない枯れたお堅い女だとみんなに思われているし、実際のところそれは事実。でも、胸の中に密かに遅れて気付いた恋心を持っている。本編全9話。三枝編全7話。続編の後輩編(結婚式編)全7話。番外編あり。

1 2 3 4 5 次の15件>>
カテゴリ − 人物 > 30代
CC-SEARCH VT.2.12