恋愛遊牧民G
カテゴリ − キーワード > 思い出
1 - 30 (全69件中)
1 2 3 次の30件>>

恋色図鑑 [作者:キヨモ 様]
恋色図鑑
[同窓] 完結 更新(19/07/20 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:20]
切ない恋。取り戻したい恋。臆病な恋。密やかな恋。そしてはじまる、素直な恋。オムニバス形式で綴る、五つの恋の物語。

レモネードしゃぼん [作者:Cocona 様]
レモネードしゃぼん
[同窓] 完結 更新(19/07/15 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:11]
平凡な日々を過ごしていた高校二年生の奈美。ある日、レモネードの香りのする手作り石鹸を衝動買いしてしまう。それから突然非凡に変わる。突如、目の前に現れた幼馴染の亜藍を好きだという女の子。奈美の心は穏やかじゃなくなった。好きなのに好きと言えないじれったいもどかしい気持ち。そして亜藍から驚きの話を聞かされ・・・真実を知ったときこの恋どうすればいいのですか。切ない青春恋物語。完結

きらきらの雪、さらさらの時 [作者:きくこ 様]
きらきらの雪、さらさらの時
[同窓] 完結 (19/06/19 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:20]
ミステリー作家の僕、紅茶のカフェを営む彼女。惹かれ合いながら、どこか距離を置いてしまう二人の恋が、静かに動き始めて。優しい時間が流れる今に、忘れていた過去が不意に顔を出す…。完結しました。

春にだけ見る [作者:御桜真 様]
春にだけ見る
[同窓] 完結 (19/06/14 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:22 / マイリンク登録数:1 user]
[作者:御桜真 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ 桜月亭 ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
彼は実家の隣に住む幼なじみ。いつも寝ぐせでくしゃくしゃの髪型で、よれよれの服を着ている。春にだけ作品を発表する画家だった。彼は絵を描く以外のことができないから、私がマネージャーのようなことをしている。OLと少しぼんやりした画家のほのぼの恋愛。

残光 [作者:吉野圭 様]
残光
[同窓] 完結 (19/06/11 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:16]
高校時代の彼女と久しぶりの再会。 あの頃、僕たちは消え残る星のもとで約束を交わした。約束は今も守られているのだろうか。

空蝉-utusemi- [作者:吉野圭 様]
空蝉-utusemi-
[同窓] 完結 (19/06/11 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:16]
妻の白い頬に笑窪が刻まれる。その窪みを見るのが、十年来、修一の幸福だ。…周りは変わっても二人の愛情に変化はなかった。結婚十年、罪を抱えながら生きる二人の日常。

クリスマス [作者:春宮 華音琉 様]
クリスマス
[同窓] 完結 (19/06/10 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:14]
幼馴染の砂季と、遠い昔に交わした約束。だけど覚えているのは自分だけなのかも知れない。もうすぐ、約束のクリスマスがやって来る。

ふわり、色鉛筆 [作者:きくこ 様]
ふわり、色鉛筆
[同窓] 完結 (19/06/04 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:18]
夫失業中、子供あり。パート主婦の若菜は、のんきな夫を前に毎日ため息をつく…。不満があるのではなくて、不安なだけ。幸せには何かちょっと足りない日々を送る彼女が思い出す過去のこと。思い出は、褪せずきらきらと輝き、ひっそりと胸に眠っている。いつかまた、時を刻む目覚めを待つかのように…。完結しました。

はつかれ [作者:海月 様]
はつかれ
[同窓] 完結 (19/06/02 更新)
[ マイリンク登録数:1 user]
羽柴夏南(はしばかなん)は大好きだったのに自分の不用意な一言で別れてしまった初めての彼氏の事を数年に渡り引きずり続けていた。その彼、井岡時生(いおかときお)と再会して恋心が再燃。でもかっこよくなった彼は性格の方がかなり変わってしまっていた。 2人が素直になれる時は来るのか!? 02/24に番外編「バレンタイン・ルール」upしました。

俺のお姫様 [作者:海月 様]
俺のお姫様
[同窓] 完結 (19/06/02 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:14]
和正は小学生の頃に片思いをした凪沙を思い続けて7年間。和正は高校生になり、凪沙は大学生。告白して付き合う事は出来たけど凪沙の疑念は拭いきれず... 年下男子高校生に年上女子大生のお話です。お話は1話ごとに視点が入れ替わります。12/17クリスマス企画「クリスマス・レンタル」up

ティンカーベルの夢 [作者:相生瞳 様]
ティンカーベルの夢
[同窓] 完結 (19/06/01 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:17]
[作者:相生瞳 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ 銀紙の月 ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
中学校の階段から落ちたはずの主人公が引き込まれたのは、夢を集めてエネルギー源にしている世界。美少年につられて「ネバーランド」に留まることを了承してしまった主人公だが、甘い話には裏が。存亡の危機を迎える世界を救うため、少女たちは手に手をとって立ちあがる!

時を駆ける [作者:奥蔵 様]
時を駆ける
[同窓] (19/06/01 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:17]
[作者:奥蔵 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ コロシアム ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
二千年という時を、やがて訪れる「審判の日」のために生きてきた少女。ただ「裁定者」としてのみ生きるはずだった彼女が選んだ道は……。破滅と未来。二人の少年のあいだで苦悩する少女の現代ファンタジー。

slowly slowly slowly -step by step- [作者:純 様]
slowly slowly slowly -step by step-
[同窓] (19/05/21 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:16 / マイリンク登録数:1 user]
[作者: 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ cresc. ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
26歳、仕事もプライベートも充実してる。だけど「恋」だけは、上手くできない。 ねえ、「本当に好きな人」としかキスもセックスもしたくないっていうのは、そんなにおかしなことなの? 私には恋愛って難しい。 そんな理子と年下の幼馴染唯のお話。

笑う甘党主義者 [作者:森崎緩 様]
笑う甘党主義者
[同窓] (19/05/18 更新)
[ マイリンク登録数:1 user]
[作者:森崎緩 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Tiny garden ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
避暑の為に、田舎町にある伯父の家を訪ねた女子大生・のどか。夜毎見る謎の予知夢に悩まされる彼女は、従弟の海里と共に真相を探ろうとする。

ぬくもりの記憶 [作者:水瀬紫苑 様]
ぬくもりの記憶
[同窓] 完結 (19/05/17 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:12]
一人暮らしを始めた神谷小百合は、恋人の紺野直人を頼りにしていた。その直人が旅に出たのだが、友人の矢麦健介から直人が旅先でまた免許証を落としたと連絡が来た。かつて小百合は、直人を傲慢な男だと嫌っていた。けれども、冷たい雨の中で直人を見た時から、小百合は彼の真実の姿に触れて行く。一人で過ごす雨の日曜日、小百合は直人のことを想った。(全十六話)

冬花の夏〜小5の夏の恋心〜 [作者:平原nazca 様]
冬花の夏〜小5の夏の恋心〜
[同窓] 完結 (19/05/13 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:12]
大人になって忘れてしまった、くすぐったい恋の気持ち。大人に憧れて背伸びをしていたあの頃の自分を思い出して、ノスタルジックに浸かりたい……そんな時や恋の駆け引きに疲れてしまった……そんな時。純粋なあの頃を思い出したいあなたに。頑張っている冬花ちゃんはかわいいです。

7月7日 [作者:純 様]
7月7日
[同窓] 完結 (19/05/07 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:19]
[作者: 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ cresc. ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
7月7日。翼が――真島 翼が日本に帰ってくる。一年一ヶ月ぶりに。 浮かれる私は、まだ知らなかった。この七夕が、とても特別な日になるなんて。 【続編】「催涙雨」−2年後の織姫−全5話(完結)

たったひとつの愛のうた [作者:逢沢花音 様]
たったひとつの愛のうた
[同窓] 完結 (19/05/07 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:21]
【PG12】カシノジュエリーの社長秘書として勤務している28歳の香帆里は、6年前のヨシとの恋愛を未だに忘れられず前へ進むことが出来ずにいた。ヨシの夢を見た日、香帆里は行きつけの飲食店でシンガーソングライターの稚月と出会う。稚月に誘われて一晩だけの関係を結ぼうとした時、香帆里は涙を零してしまう。

帰還 [作者:ストック 様]
帰還
[同窓] 完結 (19/05/05 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:16]
別れたい、と彼女は言った。今でも思い出すと、たった五音が連なるだけの短いフレーズが胸を刺す。もう忘れたはずの彼女の声で、今でもまだ、再生される。 もし、今の私の想像力があの頃、幾ばくかあったならば、今はどんな風に変わっていたのだろう。

二度目の初恋 [作者:橙子 様]
二度目の初恋
[同窓] (19/05/04 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:15]
[作者:橙子 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ 橙香亭 ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
中学時代に他県から引っ越してきた越野珠美が、入学した高校で再会したのは、懐かしい幼友達の潮。嬉しくてさっそく話しかける珠美に、潮は昔とは打って変わって冷たい態度で接してくる。ショックを受ける珠美だが、そこで引き下がるほどやわな性格をしていない彼女は、昔の潮を取り戻すべく奮闘する!

シェパーズパイが食べたくて [作者:森崎緩 様]
シェパーズパイが食べたくて
[同窓] 完結 (19/05/03 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:29]
[作者:森崎緩 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Tiny garden ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
26歳のOL泉は、英国人の上司ザッカリーに憧れている。部下という立場上、アプローチも出来ないまま3年が過ぎたある冬、彼の前でお腹が鳴ってしまう。空腹の泉に、ザッカリーが語ったのは「シェパーズパイ」という不思議なメニューだった。

夢の降る島〜夢見の島の眠れる女神〜 [作者:津籠睦月 様]
夢の降る島〜夢見の島の眠れる女神〜
[同窓] 完結 (19/04/30 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:23]
これは世界の真ん中で眠る女神をめぐる物語。夢見の女神の守る「夢見島」で「女神の代理人」として生を享けた者は、一人前の女性となりその座を降りるまで「恋すること」が許されない。だが住人が二世帯のみの岬で、互いだけを唯一の遊び相手として育ったフィグとラウラは禁じられた逢瀬を繰り返していた。やがてそんな二人に百数十年に一度の災厄―島と“世界”の危機が迫る…。

社長、優しくしてください [作者:森崎緩 様]
社長、優しくしてください
[同窓] 完結 読者推薦 (19/04/27 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:38]
[作者:森崎緩 様]で検索 ‖ [同名サイトの作品]を検索
掲載サイト[ Tiny garden ]様へ ‖ [変更/削除] [通知]
冷淡で仕事に厳しい若社長に、ある日、秘書は訴えた。「今日は私の誕生日なんです。一日くらい、優しくしてください!」呉服屋の社長と社長秘書のラブコメディ。

眠り姫の初恋 [作者:逢沢花音 様]
眠り姫の初恋
[同窓] 完結 (19/04/26 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:29]
【PG12】高校3年の夏。駅の階段から転落して記憶の一部を失くしてしまった夏瞳。10年経った現在もその記憶が戻らないままだった。幼馴染で恋人でもある雪久と幸せな同棲生活を送っていて、二人の間で結婚話が持ち上がるが、「記憶を取り戻さないと結婚出来ない」と言われてしまう。

青い鳥 [作者:ページのP 様]
青い鳥
[同窓] 完結 (19/04/20 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:14]
塔の部屋に幽閉された王子と、王子を迎えにきた女の短いお話。(リンクurl変更のため更新)

葵の上と呼ばないで [作者:ryusuke 様]
葵の上と呼ばないで
[同窓] 完結 読者推薦 (19/04/19 更新)
[アクセス数 現在:1 / 月計:24 / マイリンク登録数:3 user]
葵はヘッドハントされてきた才色兼備の社長秘書。やっかみと羨望を込めた「葵の上」という呼ばれ方は自分では決して好きではない。年明けに人事異動で本社へやってきた営業の切れ者・光ひかりは美形で関西弁の男。何故か葵に積極的で……。現在と過去と未来、そして家族を含んだ葵と光の物語。本編完結。16/03/05 番外編「ドールズ・トーク」更新。

ニゲラ [作者:式部雪花々 様]
ニゲラ
[同窓] 完結 (19/04/19 更新)
[ マイリンク登録数:1 user]
あの頃、俺達はいつも四人一緒だった。離れていったのは、とある事が原因だった。そして、アイツが自殺した……。あの時――、俺が彼女に想いを伝えていたらどうなっていたのかな……?

貴方がくれたもの [作者:水瀬紫苑 様]
貴方がくれたもの
[同窓] 完結 (19/04/18 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:15]
高校時代、影のような存在だった平野美都留のことを斉藤明日香は意識せざるを得なかった。好きだからではなく薄気味悪いから。「ありがとうございました」その言葉を残して彼は彼女の前から消えた。高校を卒業して十年。偶然再会した彼は、危ない雰囲気を漂わす美青年になっていた。彼の言動に心揺さぶられ、離れがたいものを感じる彼女。「一緒に暮らそう」彼は言った。(全十話)


逢花(おうか) [作者:真麻一花 様]
逢花(おうか)
[同窓] 完結 (19/04/12 更新)
[アクセス数 現在:0 / 月計:8]
透哉は卒業式の日、桜吹雪の中にたたずむクラスメートに目を奪われた。切なくなるような既視感が切ない痛みを伴って胸をよぎる。三年間まともに話した事もない彼女に、覚えのない懐かしさがこみ上げる。彼女と話したい。けれど、卒業式のこの日が、彼女と話せる最後の機会……。桜舞い散る木の下で、今度こそ、君と出会う――

1 2 3 次の30件>>
カテゴリ − キーワード > 思い出
CC-SEARCH VT.2.12